みやぎ化学物質過敏症の会 ~ぴゅあい~


当団体に応援してください!

 当団体は、香害や化学物質過敏症をみなさんに知って頂くために活動をしています。

市民活動団体として患者団体をしており、啓発活動と患者支援を行っています。

 

香害や化学物質過敏症を広める活動に応援してください。

ご協力を頂ける方は → こちら

 

みなさまのご協力よろしくお願いいたします。

 


取材依頼・講演依頼はお気軽にお問合せください

当団体は、化学物質過敏症の患者団体です。

化学物質過敏症について当事者の立場からお伝えしております。

当事者がお伝えしている事例は全国でも数少ないです。

お気軽にご相談ください。

 

化学物質過敏症は被害者ではありませんので、被害者意識の強い方はご遠慮ください。

当団体のスタンスをご理解頂いている方に限ります。

当団体は共産党とは一切関係ありません。

 

電話 022-702-7969 (平日13:00~17:00)

メール info@pyuai.com(お問合せ専用)

 

 


電話相談を再開しました

必ずこちらを読んでからお願いいたします。

週1回程度お受けいたします。

体調不良や避難生活、イベント準備などの忙しい時期はお休みさせて頂きます。

 

 


講演会のご案内

【中止のお知らせ】

 

首都圏が再度緊急事態宣言となり、県をまたぐ移動自粛や様々な制限などがあり、当団体や参加者のご都合など、様々な事情を総合的に考えた結果、とても残念ではありますが、中止と判断をさせて頂くことになってしまいました。

大変申し訳ございませんが、既にご入金を頂いていた方は、返金対応とさせて頂きますので、返金のための口座番号を教えて頂きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

子どもたちが元気に育っていけるよう、今後も活動を継続して行きたいと思いますので、ご理解とご協力を頂きます事を願っております。

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

子どもたちに伝えたい「和食」

~素晴らしい日本の食文化と調味料の科学~

詳細はこちらをご覧ください。

 <クリックして拡大>

本の内容はコチラから。

売り切れ続出で、ネット販売では値上がりしている所もあります。

こちらからご注文が出来ます。

 

講演会の詳細はこちらをご覧ください。

著者の福島寛之様をお迎えしてご講演をして頂きます。

 

和食は、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録を受けて世界中から注目されています。

ですが、和食離れやお米離れ糖質制限などお米を食べない人も増えて来ました。

食事よって様々な恩恵を受けられます。

食について学んで、みんなで子どもたちの不登校やいじめ、うつや自殺などを少しでも減らして行く事につなげて、元気いっぱいに成長して大切な【未来の宝】を宮城県から育てて行きましょう。

行政・学校・企業・生産者など多くの方々を巻き込んで、みなさんの得意分野を生かしてお互いに学んで行き、子どもたちに和食の素晴らしさを伝えて行きたいと思います。

 

対象者

行政、食べ物を生産する方、製造する方、加工する方、管理する方、指導する方、料理する方、食べる方、そしてそれらを学んでいる方、それぞれの立場で学んで頂きたいです。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

7月17日(土)

11:00~ ブース開始 

12:00~ ホール開場(予約者のみ)

13:00~ 開演

~15:30 終了

~16:00 ブース終了

 

会場 名取市文化会館 小ホール(3階)

 

参加費

一般 1,000円、会員 500円、大学生以下 無料

参加ご予約はこちらのフォームからご予約ください。→ コチラ

ご相談コーナーは事前予約制です。

 


ぴゅあいパンフレットが新しくなりました。

ぴゅあいパンフレット → こちら

2021年1月31日更新


全国無農薬給食の会 宮城支部のご案内

私たちは、子供たちには安全・安心な給食を食べて、
元気に健康に成長してほしいと願っています。
世界的には常識化して来ているオーガニックですが、
日本でも学校給食への導入が少しずつ始まっています。

宮城県内でも幼児教育機関での導入は増えつつありますが、
小中学校では、環境保全米の提供が2020年11月より開始しました。
そして、オーガニック給食の導入を目指しています。

 

ホームページはこちらから。

全国無農薬給食の会 宮城支部

 


シックハウス診断士協会

東北・北海道支部設立のご案内

シックハウス診断士協会全国支部会が発足いたしました。

 

シックハウス診断士協会 本部

シックハウス診断士協会 東北・北海道支部

 ◎ホームページ

 ◎ブログ

 

シックハウス」と言うと・・・建物によるもの。と誤解している方が多いですが、

現在のシックハウスは、建物よりも・・・

建物の中に「置く物」「使用する物」「生活の仕方」などの

【住まい方】が原因となる場合も少なくありません。
年間相談件数は1,000件を超えております。

2021年4月から法律が変わるという今、空気質の重要性が注目されています。

みなさんも学んでみませんか?

 


コロナ対策について

化学物質過敏症の方は、消毒薬に反応してしまう方が多くいます。

消毒薬によって体調が悪くなってしまいます。

 

そして、現在は健康な方も免疫力が低下してしまったり、喘息やCOPDの原因になってしまう可能性もありますので、適正利用が大切です。

身体に安全・安心な良質の素材の物を最低限で使用しましょう。

 

※詳細はこちらをご覧ください。

 

※2021年3月からは、コロナ禍により予定していた活動内容と大幅に変更になっております。

 ご迷惑をおかけしております。

 2020年度は大きなイベントも開催出来ませんでした。

 啓発活動よりも患者支援活動に力を入れて来ました。

 2021年度からは開催して行く方向で計画しております。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

ぴゅあいのコロナ対応】

消毒薬は使えませんが、当団体ではこのような対応をさせて頂いております。

詳しくは → コチラ

 クリックして拡大

 

消費者庁・経済産業省・厚生労働省は、
手指のウイルス対策について、この様に発表しています。
「こまめな手洗いを心がけましょう。
石けんやハンドソープを使った丁寧な手洗いを行うことで、十分にウイルスを除去できます。
さらに消毒剤等を使用する必要はありません。」

詳しくは → こちら

 

石けんでの手洗いで十分という科学的根拠があります。

消毒はせっけんでOK、漂白剤よりいい理由とは、新型コロナ対策
(2020年3月23日)
「漂白剤の使用は「ハエを叩くのにこん棒を使うようなものです」と英ケンブリッジ大学のウイルス学者ジェーン・グレートレクス氏は話す。そのうえ、漂白剤は金属を腐食するし、吸い込み続ければ呼吸器系の健康問題につながる恐れもある。」
と書いてあります。

 

nite発表情報
(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)

(令和2年6月26日, 7月7日)
新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。
~物品への消毒に活用できます~

 

経済産業省情報
新型コロナウイルスに有効な消毒・除菌方法(一覧)
(令和2年7月6日)

 

 

また、ワクチンについては厚生労働省の情報の通りです。

医療は全てインフォームドコンセントと言って『説明と同意』が必要です。

強制は出来ないそうです。
「職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。」と書いてあります。


当団体でも、正確な情報に基づいて、接種していない方を差別されてしまう方のご入会は、お断りさせて頂きたいと思います。
私達は、患者団体ですので・・・患者さん達を守る事が大切です。
当事者のみなさんには、正しい情報をお伝えして、正しい選択をして、安心して頂きたいと思います。
なので、不必要に騒いで、患者さんを不安にさせてしまう方はお断りいたします。


化学物質過敏症の方は、思考力、理解力、記憶力、判断力などが低下している方も多いです。
なので、正しい情報のご提供はとても大切です。
化学物質過敏症の方は、不安や恐怖心や怯えによって、ストレスになり、免疫力が低下する最大の原因となり、化学物質過敏症が悪化する原因になる可能性があります。
情報に振り回されずに、安心して治す事に専念をして頂きたいと思います。
ご理解とご協力にどうぞよろしくお願いいたします。


【厚生労働省】
https://www.mhlw.go.jp/.../bunya/0000121431_00218.html

PDF
https://drive.google.com/file/d/1H1tdEN8DeUkwIsBYOUNJcVBkx0vT0xxu/view?usp=sharing

 


ある日突然発症する現代病

2019年2月にテレビ金沢で制作し全国放送された、化学物質過敏症の放送の3分間のリメイク版です。発症すると、仕事も学校も生活もままならなくなってしまいます。誰もが突然発症する可能性があるからこそ、明日は我が身で他人事ではありません。だからこそ知ってほしい・・・私達の願いです。とても分かりやすいですので、ご覧ください。

環境中の有害物質の健康に与える影響

国際ロータリーインターシティミーティング記念講演

「かくたこども&アレルギークリニック」院長角田和彦氏による講演です。



化学物質過敏症と障害年金

仙台障害年金サポートセンター

特定社会保険労務士 上田信洋先生

障害年金についてご相談については、下記のホームページのご予約ダイアルよりお問い合わせください。

http://www.sendai-syogainenkin.com

全国難病センター研究会

第33回研究大会(東京)

令和2年2月1日(土)

会場:新宿クイントビル18階オーバルホール

 

【知ってますか?化学物質過敏症】




ご紹介ページを作りました!

発症すると誰もが悩む

「何を使えばいいの?」「何を食べればいいの?」

のお手伝いになれると思います。

健康志向の方もお役立てください。

詳しくは → こちら

 

会員向けに会員特典として【会員専用ページ】があります。

会員登録を済んだ方にパスワードをお伝えしています。

パスワードを入力してログインしてください。

 

会員制度

●当団体について『ぴゅあいについて

団体概要

私達について

活動報告

会則

ご入会の手引き

会員登録用紙

会員専用ページ(→ご入会後にログイン出来ます。)

 



イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン

幸せの黄色いレシートキャンペーン
毎月11日は、ぜひイオンモール名取でお買い物をしてください。

2021年4月11日から、毎月11日に、イオンモール名取でぴゅあいのBOXを設置して頂きます。
レシートを応援したい団体のBOXに入れると、1%が寄付されるシステムのようです
※イオンモール名取のみです。


コロナ禍で呼びかけの活動は休止しているそうです
私達にとっては、ちょうど良かったかもしれません。

 

詳しくは → イオンのホームページをご覧ください。

 


図書館で本とdvdを置いてくれました。

以前は情報も無く、書籍もあまりなく大変でしたが・・・

現在は本当にありがたい事に、情報も書籍もマスコミで取り上げて頂ける回数もとても増えました。

 

当団体では、書籍やDVDなどの貸出は一切行っていませんので、各自購入してください。

理由は、ほとんどが返って来なくなってしまうためです。

手に入らなくなっている書籍もあるためです。

それだけ化学物質過敏症の書籍は貴重です。

また、発症者が増えて来たり、社会での認知度も高くなって来て、学んでくださっている人も増えていますので、売れ行きが早くなっています。

当団体で大きなイベントでは展示をしていますのでご覧ください。

 

また、名取市図書館でも2019年に何冊も入れて頂きました。

現在は『化学物質過敏症』で検索すると14件出て来ます。

宮城県内ならリクエストをすると相互貸出も出来ます。

 


行政への働きかけ・行政の対応

【香害】は大きな社会問題となっております。 

宮城県内でも、超党派でご理解とご協力をしてくださっており、

名取市議会・宮城県議会をはじめ県内7つの議会で取り上げて頂いて、

行政としての対応を開始してくださいました。

第一歩としてホームページに化学物質過敏症について掲載となり、

その影響で、全国各地の議会で議会で取り上げてくださっています。

県内の様々な事例が先例として、同様に全国に広がって頂ける事を願っています。

 

詳しくは → コチラ

 

宮城県のホームページには、当団体へのリンクも張ってくださっています。

相談件数が増えており、啓発のチラシも作成してくださいました。(2020年12月)

宮城県では、学校から保護者に配布されている所もあります。

(保健だよりなど学校によって様々です。)

※多賀城市や富谷市では、過去に公文書が小中学校の保護者に配布されています。

※仙台市では、こども未来局から幼稚園や保育園で保護者に配布されています。

 教育委員会からは、全ての教師に配布されて、ホームページで誰でもご覧になれます。

 


メルマガを配信しました。

会員のみなさまにメルマガを送らせて頂きました。

正会員・購読会員・法人会員向けにメルマガを配信しています。

正会員・法人会員様は様々な会員特典があります。

購読会員はメルマガを受信するのみで、会員特典はないために会員専用ページも入れません。

 

メルマガが届かない方は、当団体にメルアドを届けていない為に送信出来ない方か、届けたメルマガが間違えていたり変更されている方ですので、ご連絡をお願いいたします

※会員特典を受けられるのは、登録者ご本人のみです。

 

会員登録は → こちら

 

※現在は休止しています。

会員専用のサークルスクエアにて随時情報発信をしています。

会員限定イベントもそちらで発信しております。

 

 


ヘルプマーク

ヘルプマークとは?

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

 詳しくは → コチラ

 

ヘルプマークを付けない一般のみなさまに

ぜひ知って頂きたいと思います。

 


アレルギーEXPO2021に出展します!

2021年10月26日(火)~27日(水)に開催されます

みんなのアレルギーEXPO2021に出展いたします。 

環境アレルギーアドバイザー試験認定団体の日本環境保健機構主催のイベントです。

 

会場:京王プラザホテル(新宿)

国内最大のアレルギーのイベントです。

(以下の画像は2020年のものです。コロナ禍で1日のみの開催・来場者無しとなりました。)

 災害時の住環境・生活環境EXPO2020も同時開催です。


化学物質過敏症の手話動画

 聴覚障害の方からの依頼で講座をさせて頂いた時に、

宮城県聴覚障害者情報センターが、『香害』をお伝えする手話動画を作成してくださいました。


講座のご案内

体験談を交えて、化学物質過敏症とは言えどんな病気なのか?

そして、予防のためにはどんな対策をすればいいのか?

などをお伝えさせて頂きます。

 

いつ誰もが発症する可能性がある化学物質過敏症です。

1人でも多くの方に知って頂いて、発症をしないように予防をして頂きたいですので、ぜひ周りの方もお誘いください。

 

※現在は今後の予定は未定です。

詳しくは → こちら

 


映画「いのちの林檎」DVD発売

過去に上映会をさせて頂きました、映画「いのちの林檎」のDVDが発売されました。

化学物質過敏症のドキュメンタリー映画です。

この病気がどんなに大変な病気なのか?

というのを一般の方に知って頂くのにとても良い映画です。

(この病気は個人差がとても大きくありますので、この様な症状が全てではありません。)

 

 

詳しくは → コチラ

 

 

 


環境アレルギーアドバイザー試験

環境由来の健康影響

●アレルギー

●化学物質過敏症

●シックハウス(シックスクール)

などについて基礎的な事が学べます。

 

ご興味のある方は、コチラをご覧ください。

<環境アレルギーアドバイザー支援ネットワーク宮城支部>

http://kaa-miyagi.blog.jp

 

<宮城支部 facebook>

 

<試験認定団体>

日本環境保健機構

http://jeho.or.jp/

 


【情報提供コーナー】

【シックハウス関連の情報】

大東住宅株式会社

代表取締役社長 高橋 一夫様

ご自身のご自宅の建築やご家族のアレルギーなどのご経験から、医師の助言を取り入れ健康な住まいを追求して住宅業界に貢献して来られました。

ナイチンゲールが『看護覚え書』の中で書いている「空気の汚れと身体の冷え」の解決を追求し続けて、様々な知識をご提供してくださっています。

環境アレルギーアドバイザー・シックハウス診断士所有

画像をクリックするとブログが開きます。

 


宮城県の大気汚染状況

宮城県保健環境センター大気環境部 大気汚染常時監視情報

宮城県各地の1時間毎の大気汚染状況が確認出来ます。

 

二酸化硫黄(SO2) 、光化学オキシダント(Ox) 、一酸化窒素(NO) 、二酸化窒素(NO2)

窒素酸化物(NOx) 、一酸化炭素(CO) 、メタン(CH4) 、非メタン(NMHC)

全炭化水素(THC) 、浮遊粒子状物質(SPM) 、微小粒子状物質(PM2.5)

などの項目がご覧になれます。

さらに詳しくは会員専用ページをご覧ください。